Skip to content

株式会社設立作業の代行業者

何らかのビジネスによって事業所得を得た場合は、個人事業主として必ず確定申告による所得の申告が必要になります。

個人事業主としてビジネスを展開するのは、複雑な手続きを必要としませんので誰でも簡単に始めることが出来ます。しかし、ビジネス規模が大きくなったり売上や収入が増えるにしたがって、個人ビジネスではなく会社設立によって法人化した方がメリットが多くなります。会社設立は特別な資格などは必要なく誰でも手続きが可能ですが、会社法の知識や登記手続きといった専門的な知識が必要なため素人が一人で手続きを進めるのは大変な労力がかかります。

人生で一度あるかないかという会社設立手続きのために勉強する時間があるならば、現在進めているビジネスに注力したほうがメリットが大きい、と考える人には設立手続き代行業者の利用がベストです。代行手数料として設立に必要な実費以外に設立費用がかかりますが、会社設立代行専門業者に依頼することで短期間での設立が可能です。また株式会社の設立に際しては、定款を電子定款にしたり、電子申請による設立登記といった手続きの電子化によって必要費用自体が従来の設立方法よりも安くすみます。個人がこれらの設立方法をやろうと思っても、必要な設備環境を整えるだけで費用も時間も掛かります。

さらに、会社設立には公証役場や法務局といった申請窓口へ足を運ばなければなりませんが、平日の日中という限られた時間帯に自分で動かなければならないことを思うと、代行業社の利用は時間的なメリットが大いにあるといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *