Skip to content

会社設立の代行は士業に依頼する

会社設立には様々な手続きが必要ですが、自ら行うことも出来ればあるいは士業の専門家に代行を依頼することも出来ます。

このとき最初に行うべきは定款の作成とその定款の認証を受けることです。認証後には法務局にて登記を行いこの段階で法人設立となります。事業展開したことがはっきりと決まっているものは定款に明記しておくことです。

また定款の作成やその認証を受ける場合におけるときには行政書士に依頼をするのが一般的になります。法務局での登記申請では司法書士に依頼を行って対応をします。会社設立で注意が必要な点はこの代行の段取りと実施したいと考えている事業です。この事業については行政が関わるもので無ければ行政書士などと相談をしながら話を進めていきます。このとき合わせて次の慎重区についても考えていくことで時間のロスを防ぎます。会社設立に伴う定款の代行作成を依頼しているため次の登記申請を依頼したい旨を適宜相談して準備を依頼することで、無駄な時間のロスを防ぐことになります。定款や登記はその言葉などを間違えるとまた修正をしなければならず、しかも費用がかかる話しです。会社設立代行を請け負っている業者であれば間違いを指摘してくれますのできちんと聞いておきましょう。

時間とお金を無駄にしないで済むように段取りよく話を前に進めていく事が大事になります。このとき以来について順次出来ていれば、次の申請時に慌てずに済みます。結果として法人のスタートが早まるわけです。無駄な時間とならないように段取りよく進める姿勢が必要となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *