Skip to content

電子定款の作り方の手順

会社設立の費用を抑えるために役立つの電子定款です。

データ上の定款ではありますが、正式に認証を受けることが出来ます。電子定款は紙の定款と途中までは同じプロセスで作ります。内容としては事業目的や商号など必ず記載しなければいけない事柄と、取締役会の設置や公告の方法といった任意で記載する事柄があります。任意で記載する事柄といっても記載することで効力を発揮するという性質もあるので、自社において必要と考えられることは記入しておくことが重要となります。定款の中身である文章が出来たらそれを電子化します。

電子化するにはまず電子署名を入れるために必要なソフトをダウンロードします。電子署名を入れられるソフトはある程度限られていますが、いくつかの選択肢もあります。ソフトを使用してICカードリーダライタをパソコンに繋ぎ、電子証明書が入っているマイナンバーカードを読み込みます。この時にマイナンバーカードの暗証番号電子証明書のパスワードが別々に必要となります。

発行の際にはしっかりと覚えておくことが重要です。電子署名さえ入れれば電子定款は完成したも同然と言えます。会社設立には様々な手間や費用が必要となります。しかし、この電子定款の登場でそのハードルは少し下がりました。経済学の観点から言うと様々な方々が気軽に会社を設立できる環境が整うことでサービスの競争や多様化が進むので消費者にとってメリットが生まれる可能性もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *