Skip to content

電子定款の特徴とメリット

会社設立の際には定款という書類を作成する必要があります。

この書類にかかる税金が会社を設立する上での負担にもなっていましたが、昨今ではこの定款の電子版である電子定款が登場したことにより費用的な負担を大きく減らすことができるようになっています。電子定款は株式会社を設立する際に公証役場で認証を受けることも可能です。

そもそも定款とは会社の基本的なルールを定めたものであり、従来は紙に印刷して保管しておくのが通例でした。しかし、昨今ではこの電子定款が一般に浸透してきており、会社設立のハードルを下げることにも繋がっています。電子定款も神の定款wordなどを使用して原稿を作成するという点は共通しています。電子定款の場合は作成した原稿をpDFファイルに変換する必要があります。PDFファイルへの変換を行うソフトには無料のものも存在します。

しかし、どのソフトでも変換できるというわけではなく、デジタル文書が正しいことを証明してくれる電子証明を挿入できる機能がついたPDFファイルへと変換する必要があります。そのため、現実的に行えるのは有料のソフトがほとんどとされています。PDFファイルへの変換が完了したら電子署名をつけます。電子署名をつけるためには市区町村役場で住民基本台帳カードを取得して電子証明書を発行する必要があります。この電子証明書というのは実印でいうところの印鑑証明にあたる書類です。詳しくは市区町村役場で尋ねてみることをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *