Skip to content

電子定款で申請が出来る行政書士に依頼をすること

法人が定める定款は公証役場などにてその認証を受けなければならないです。

営利法人の場合では公証役場となり非営利活動法人や社会福祉法人などは届け出る役所において認証を受けます。このとき公証役場への申請では電子定款として届け出ることが可能です。このスタイルの場合は通常の紙の場合にかかる印紙税がかからないメリットがあります。少しでも節税したいときにはこの申請がよいわけですが、申請者個人が行う場合には事前に準備をしなければいけないことが多いです。

そのため段取りも申請そのものもハードルが高めとなります。また言葉などの使い方や書式などが間違いが無いかどうかチェックもしてもらわないといけないです。そのため個人が電子定款で申請を行うのはハードルが高くなりがちと言えます。このようなときは行政書士による代行がよく、依頼料などはかかりますが確実に正しく申請をしてもらえますし、役所との煩わしいやりとりが少なくて済むメリットもあります。このように色々な面でお得さがあるものですから、電子定款による申請が可能な行政書士に依頼をする手は有効です。

その行政書士への依頼時には電子定款での申請が可能かどうか確認をした上で依頼することが大事です。少しでも節税したい旨を伝えて確認をすることで角も立ちません。依頼をしてからになるともし対応をしていないときに話が拗れる可能性が出ます。そのため依頼前にしっかりと確認をしておくことで未然にトラブルを防止します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *