Skip to content

会社設立に最低限必要な費用について

株式会社設立にあたっては各種の費用が発生します。

資本金が1、000万円未満の会社であると仮定しますと、定款認証で50、300円、登録免許税で150、000円と合計200、300円がお役所に納める法定費用としてかかってくるのです。

もし電子定款を採用するなら、従来どおりの紙の定款よりも約4万円安くなります。ただし、電子定款で準備を進めるに際しては、専用の機器やソフトが必要となってくるのです。その値段が約4万円ですから、結局は紙の定款と費用面では同じ結果になってしまいます。次に、資本金も用意しなければなりません。

資本金は使うお金ではなく、いわば会社に預けるお金ですので費用に分類される性質のものではありませんが、会社設立に際して必要となる現金という意味で無視はできません。現在の法律では1円の資本金で株式会社設立が可能となっています。もっとも、対外的な信用を得る上からも資本金が1円というのは好ましくありません。

その会社の内容に見合った額を用意するのが安全です。なお、資本金を1、000万円未満にすれば、消費税の免税業者になれるなど、各種の特典が認められることになります。1、000万円以下で妥当な資本金でもって設立するのが確かです。

ほかにも、会社の実印作成や印鑑証明書などで費用が発生いたします。印鑑は材質によっては高額になるものですが、重みを持たせるという意味合いからは、少しは高級なものを選んだほうが無難であると言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *