Skip to content

会社設立に先立って各種印鑑の用意をいたします

会社設立のためには多くの書類を作成しなければなりません。

あわせて法人用の印鑑が必要とされてきます。登記するときに必要で、書類作成の前に会社の印鑑を作っておくのが望ましいです。登記にあたっては法人実印だけで可能ですが、先のことを考えて、発起人全員の個人の実印、銀行印、社印、ゴム印を用意しておくべきです。

会社設立にあたっては発起人個人の印鑑や印鑑証明が求められる場面が頻繁に出てきます。もし個人の印鑑がないのであれば、同じタイミングで作っておくのが賢明でしょう。法人実印、つまり代表者印は法務局に登録するものであり、その法人組織の実印として重要な契約の際に使われます。

個人の実印と明確に区別するために、二重枠にして外側に会社名、そして内側に代表取締役印の文字を入れることとなっています。銀行印は会社の金融機関出納や保険契約など、金銭に関する契約に際して使われる印鑑です。外側に会社名、内側に銀行之印などと彫られてあるのが通例となっています。

会社実印より一回り小さく作られていることが多いです。なお、金融関係で使う銀行印は、法人実印とは違うものを使用するのが安全です。法人実印をむやみに使用するというのは非常にリスクがあることですので避けなければなりません。そこで社印を使うこととなります。

社印は会社認印とも呼ばれていて、印鑑証明の不要な契約や書類作成に使用されるものです。ゴム印は登記のときに必須というわけではありませんが、多くの書類に手書きをする手間を省くために、住所と社名、代表者名の入ったゴム印を用意しておくと役に立ちます。会社設立の手続きに着手する前に、これらの印鑑を整えておくのがポイントです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *