Skip to content

会社設立準備の中に自社のWEBサイト作成もあります

会社設立をするときに、多くの人が忘れていること、あるいは着手していないことがあります。

それは事業用WEBサイトを設ける、もしくは企業オリジナルグッズを準備しておくということです。会社組織にして事業を展開している人でも、起業した時点で自社のWEBサイトができていた、という事例はほぼ皆無です。実際に事業を始めてから半年ほどかけてWEBサイトを立ち上げる人がほとんどです。

言うまでもないことですが、会社設立と同時に自社のサイトや広告用のランディングページが出来上がっていると、起業後の愛業活動を効率的に展開できることは言うまでもありません。せっかく有望見込み客と名刺交換をしても、そこにWEBサイトのアドレスが書かれていないとチャンスを逃してしまうことになります。

逆に言えば、WEBすら持っていないところから、信頼性を大きく落としてしまいかねません。そうなるとマイナスの印象を持たれてしまう恐れもあるのです。いまやビジネスを展開する上では、WEBサイトは必須のツールであると言っても過言ではありません。

また、会社設立後にインターネットを使った集客アクションを計画しているとき、起業前から自社のWEBや広告用ランディングページを準備しておけば、会社設立と同時に各種広告の出稿をするという作戦もとれるのです。

事業を始めると同時に自社商品やサービスを多くの人に広報することが可能となります。会社設立に際しては膨大な手続きが必要となって忙殺されるものですが、その一つとして自社のWEBサイトの作成も忘れてはなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *