Skip to content

専門家に会社設立を依頼した際の費用や選び方

会社設立するには様々な申請物が必要です。

それらを自分で揃えるとなると非常に手間がかかり、不備が発生して世知率できない場合があります。この様な手間を省く方法として、その道のプロである司法書士に依頼する手があります。司法書士は唯一法人設立登記ができる専門家です。法律資格には弁護士があり、弁護士は全ての法律業務を行えます。しかしできると言っても会社設立登記について専門の弁護士は非常に少ないのが現状です。

登記業務を専門としている司法書士は、その業務については弁護士より信頼も実績も上であり、会社設立を専門家に依頼する場合は司法書士と言えます。会社設立の費用ですが司法書士事務所によって自由に設定してよい事になっていますが、全国平均から大きく外れた設定を行っている事務所はありません。費用についてはそこまで違いがないので、金額で決めるというよりは実績や付加価値で事務所を決めると良いでしょう。会社設立だけならよいのですが、事業を行うのに許認可が必要な場合も多いです。

例えば運送業や飲食業だと許認可を得る事が必要です。これに関しては行政書士が専門と言えます。現在は司法書士だけや行政書士だけで事務所は運営している事務所より、様々な専門家が在籍している事務所が多くなっています。その事務所に依頼するだけで許認可や会社設立だけでなく、助成申請や税務等のフォローも行ってくれます。費用についても何を依頼したかによって変わってきますし、できる事は自分でする事で費用を削減する事もできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *