Skip to content

会社設立にかかってくる費用を安くする方法です

会社設立というと、株式会社を前提にしていることが一般的です。

しかし、費用を安く抑えるためには合同会社を選ぶという選択肢もあります。自分で株式会社設立をするのであれば24万2000円の費用がかかるとされています。これが合同会社であれば登録免許税の6万円だけで済むのです。これだけでも合同会社にはかなり大きなコストメリットがあるとわかります。合同会社設立の金額が安いのは、定款認証の必要ないという点にあります。定款作成は義務付けられているのですが、それを公証役場で認証してもらう義務はありません。

言うまでもないことですが、紙の定款認証では添付が求められていた4万円の5収入印紙も不要です。会社設立にあたっては印鑑作成が必要となります。おおよそ、1~5万円の費用がかかります。代表社印が必須となりますので、代表印、銀行印、角印の法人3点セットを求めるのが効率的でしょう。素材にこだわると幾らでも値段は上がっていきますが、ビジネスに直接の関係がないツールにお金を使うのはもったいない限りです。

なお、登録免許税を半額にする方法があるのです。産活法、つまり産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法では、会社設立時に事業計画を作成して国から認定を受ければ、いろいろなメリットを得ることができます。その恩恵の一つが登録免許税が半額になる特典に当たります。最近は行政の立場で創業支援荷は非常に熱心になっています。そこで行政のサポートを受ければ登録免許税が半額になるチャンスが生まれてくるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *