Skip to content

会社設立の際に必要となる費用を考える

以前は有限会社を設立する場合で最低資本金が300万円用意することが必要とされており、株式会社の場合には1000万円が必要でしたが、現在は最低資本金が要らなくなったので、まとまった資金を用意することなく会社設立をして事業を始めることができるようになりました。

以前に比べると独立して事業を立ち上げやすい環境になったので、アイディアなどを持っている人が新規事業に挑戦やすくなっています。しかし、会社設立をする際には、手続きのための費用などが必要となるため、ある程度の自己資金を用意しておくことが必要です。会社設立の際に必要な費用としては、会社設立登記申請の登録免許税や会社定款の認証のための手数料などがあります。

そのほか、会社定款そのものを作成することを外注した場合には、作成費用なども考えておくことが必要でしょう。会社設立登記申請に必要な費用は、司法書士事務所に手続きを依頼した時には、司法書士報酬が必要であり、その他に登記手数料を用意することとなります。

会社を法的に設立させても、実際に事業を行うための場所を用意することも必要となるので、事務所ビルを借りるための費用も必要となります。個人で事業を行うことを考えている場合は、自宅を会社所在地にしてスタートすれば、家賃の心配はなくなります。また、都心部のレンタルオフィスなどを活用することで、少ないコストで立地の良い場所に会社を立ち上げることもできるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *