Skip to content

会社設立に掛かる費用について

会社設立をきめたら経営の基本方針などとともに、先ず資本金を考えていかなければなりません。

資本金は会社の目的や業種、規模等によって決めるものなので、各企業ごとに異なります。資本金と同時に会社設立後の運転資金についても考えておくべき事項ですがこれも事業内容により準備すべき額に違いがあります。そこで、ここでは純然に会社設立時の諸手続きに関する費用について述べます。会社設立には、会社経営の基本事項を定める定款の作成と認証が必要です。定款の認証は紙面による場合は収入印紙代4万円が必要です。

近年は紙面ではなくインターネットによる専用ソフトを利用しての電子定款により行われることが多く、この場合には収入印紙4万円は不要ですが、専用のソフトと機器が必要なのでこれがない場合にはそれを求める費用がかかります。一式おおよそ4~万円です。公証役場では定款認証手数料として5万円を当日現金で支払います。定款認証の次には法務局で会社の登記が必要です。登記にかかる費用は登録免許税といい、株式会社の場合15万円、合同会社の場合は6万円です。

この登記の際には会社の代表者と役員等の印鑑証明が必要なのでその交付手数料が必要です。定款の謄本交付手数料はおよそ2千円です。以上は法律で決められた経費ですがこの他に設立事務に付随する費用もあります。会社の印、代表者印等の作成や関係機関への交通費等、また設立準備のための事務室など借りなければならない場合には敷金や家賃も考えなければなりません。事務の代行を依頼すればその報酬も必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *