Skip to content

会社設立で必要な費用とは何か

新しい会社を作る際にはどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。

もちろん全くお金をかけずに会社設立をする事はできませんが、なるべく費用を節約しながら会社設立をすることができます。資本金は多ければ良いというわけではなく、事業に見合った金額を集めることがポイントです。信用力にも関わりますので、ある程度の資本金は必要とあります。だからこそ、まずは最初に資金集めにめどを立てるようにしましょう。また、会社の設立をする際には必ず商業登記を行わなければなりません。

法律的に会社の存在を認めてもらうためには会社設立の商業登記を法務局に申請しなければならないのです。この作業は基本的には司法書士に依頼することになります。司法書士は商業登記のプロフェッショナルなので、スムーズに申請を完結してくれます。しかしながら司法書士報酬がかかってしまいますので、少しでも費用を削減したいのであれば自分で申請することも可能です。

会社設立の商業登記のルールを理解すればそれほど難しいことがありません。ぜひ自分で会社設立の商業登記にチャレンジしてみて下さい。商業登記のルールについては専門的な書籍やインターネットに掲載されています。どのような書類を作るのかは法律によって決められていますので、書式のルールをきちんと理解することが大切です。法務局の職員にアドバイスを求めることもできます。時間に余裕がないのであれば司法書士に任せてしまうと良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *