Skip to content

会社設立にかかる費用は?

会社設立にかかる費用は、株式会社設立の場合は定款の作成から登記までに必要な費用が約21万円から25万円程度かかります。

収入印紙代として4万円です。しかし、電子定款の場合は必要ありません。公証人に払う定款の認証にかかる手数料が5万円。謄本登記手数料が2千円程度です。紙定款の場合、1ページだいたい250円程度です。登記にかかる登録免許税が15万円か、資本金の額の0.7%のうちの高い方がかります。その他会社の実印作成代金や印鑑証明代などがかります。印鑑証明は、会社の発起人(出資者)と取締役の人数分、個人の印鑑証明書が必要となります。

1通300円程度ですが、1人で会社を設立する場合は発起人1人分と取締役1人分の2通必要です。合同会社設立の場合は、約6万円から10万円程度かかります。定款に貼る収入印紙代が4万円です。しかし、電子定款の場合は必要ありません。定款の謄本登記手数料は合同会社の場合はかかりません。登記にかかる登録免許税が6万円か、資本金の額の0.7%のうち高い方になります。

合同会社の場合も、実印作成代金や印鑑証明代などが必要となります。合同会社の設立の場合は6万円から設立できます。株式会社の場合は、登録免許税と定款の認証の手数料関係で15万ほど合同会社よりもかかります。また、会社設立時には、諸費用・手続きに関する手数料が発生します。株式会社の設立費用を抑えたい場合は、電子定款にすることで削減できます。電子定款の場合、収入印紙代がかからないためその分抑えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *