Skip to content

会社設立費用は会社の形式により異なる

会社設立費用はどのような会社を設立するのかによって大きく異なります。

一般的に会社設立と言うと、株式会社のことを指しますが、費用面だけを考えると合同会社と呼ばれるタイプのほうが安く抑えることが出来ます。合同会社は、比較的新しく誕生した会社の形式で、個人経営の会社に適しています。株式会社に比べて知名度が低いという印象がありますが、誰もが一度は耳にしたことがあるような会社も調べてみると株式会社ではなく合同会社である場合もあります。

合同会社設立のための費用は、資本金の他に印紙代や登録免許税・実印作成費などの諸費用が必要となります。資本金は、会社に預けるお金で金額は1円からで構いません。印紙代については、定款の許認可を受けるのに必要となるものですが、紙媒体定款では必要となりますが、電子定款にした場合には節約をすることが出来ます。そして、会社設立の際には、会社の実印が必要となります。

印鑑に使用される材質や店舗によって費用は異なりますが、信頼することが出来るところで作成するようにしましょう。電子定款を選択した場合、印紙代は節約することが出来ますが、設備を整えるとなると、同じくらいかそれ以上のお金が必要となってしまいます。それらの設備を揃えなくても専門家に依頼することにより、安く会社設立をすることが出来ますし、定款の内容についてもチェックしてもらうことが出来ますので、安心して手続きを行うことが出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *